お墓はいつ建てるべき?

健墓の期限さえ守ればいつ建てててもかまいません。
しかし、墓地使用気を区にお墓の使用権利取得後○年以内に建てなければならない、と決まっていればその期限を守る必要があります。

実際は一周忌までに建てることが多い
お墓を取得するのは生前にお墓を建てた場合をのぞき、家族の死に直面してからでしょう。
ばたばたと葬儀を終え、なんとなく従来の生活に戻った時にお墓をどうするか、ということが問題になってくるものです。

仏式では納骨は忌明けにする事が多く、忌明けは一般的に49日または35日の場合もあります。
神式では、50日祭などに納骨したり、キリスト教では、月命日・1年目の命日に納骨する事が多いようです。

納骨に間に合うようにお墓を建てたり、カロートを作るのが一般的のようです。

墓石は必ずしも建てないといけない訳ではありません。
墓石の変わりに木の柱や石などを墓標にしておられる方もおられます。
ただし、公営墓地などでは一定期間内に遺骨を埋蔵しなくてはいけないという決まりがあるので埋蔵の為にカロートだけは造る必要があるのです。

もちろん経済的状況も踏まえて・まだ心に整理が付かないなど、すぐに建てなければならない事でもありません。
無理をせず、経済的に余裕がでたとき、心の整理が付いた時に建ててもいいわけです。

また段階的に建てるという手段もあります。
一度に完成させず、少しずつ建てていくのです。
一般的に自分のお墓の区画を明示するためにも最初に境界石や外柵工事をし、カロートのみを造ります。

その後門柱を建てたり墓石を建てます。

無理をせずに建てればよいと上記に記していますが、出来れば3回忌までには遅くても建ててあげてください。

記念碑的な墓石の場合は?
故人を供養するためのものでなく、しのぶためにお墓を造りたい方もおられます。
遺骨は土に還す事を選んでも、お墓は個性的だったり、明るいものにしたいと考えている人が現代では増えています。
その場合には、墓石に制限のない公園墓地などを選ぶようにしましょう。
宗教に拘らず、また供養に重きを置かないのであれば忌明けなども気にする必要はありません。
ページのトップへ戻る