納骨の手続きとは

現代ではごく一部で土葬を行うこともありますが、一般的に火葬しています。
火葬による、遺骨の納骨は土の中に納める埋蔵か納骨堂など土の中意外納める収蔵に分かれます。

埋葬するにせよ収蔵するにせよ遺骨を納骨、または遺体を埋葬したりするためには埋葬許可証が必要があります。
死亡届を提出する際に「死体火(葬)埋葬許可証の交付申請書を同時に提出し、交付を受けなければいけません。
火葬の場合は交付された許可証を火葬場に提出し、火葬済の証印が押されて返却されるので、これが埋葬許可証にります。

納骨は一般的に(35日や49日で納骨する地域もありますが)1年以上後になることが多いので
埋葬許可証を紛失しないよう、遺骨と一緒に保管しておくと忘れずよいでしょう。
特に墓地の取得の際はおもったより時間がかかる場合もあります。置き場所を忘れないように注意しましょう。

納骨をする歳には、墓賃お管理者に埋葬世火葬と墓地の使用権利書を提出する必要があります。
妊娠四ヶ月未満の死産の場合は、各種鉄津d着なく火葬又は、埋葬、納骨する事が出来ますので埋葬許可証は必要ありません。

納骨する時期は?
上記にも記しましたが、宗教によっては火葬した当日に納骨することもあり、
仏式では、忌明けの35日、49日もしくは一周忌や三周忌などの法要やい合わせて納骨する事が多いそうです。

神式では火葬当日に納骨するのが本来ですが、近年五十日祭などに納骨されるケースも増えてきています。
キリスト教式では、葬儀当日や月命日、一年目の命日などが多いです。

ご自身または故人の信仰している宗教により、納骨する日なども違うので、
同じ宗派の方や寺院、お墓の業者の方に相談すると間違えのない正確なアドバイスを貰えるのではないでしょうか。
地域ごとによって納骨する日は本当に様々なので、これはほんの一例だと捉えていただければと思います。
ご自身・故人の宗派などに必ず確認してください。
ページのトップへ戻る