お墓参りのマナー

お墓は建てることに意味があると思いがちだと思いますが、実はそうではありません。
お参りすることに意味があり、お墓は先祖や故人の為の浄土であり、浄土として維持し続けるためにはお墓参りを続けることが欠かせません。
そして、墓前で故人や先祖と対話をする事で先祖や故人を思うと共に自分の心を見つめ直す事も出来るのです。
墓提寺があるならお墓参りの前に墓提寺にもお参りをしましょう。
もちろん寺院の境内内であるならまずは本堂のご本尊様にお参りをします。

お墓参りはいつしなくてはいけない、というルールはありません。
だからといっていつでもいいだろうとなると疎かになってしまうものなのでお墓参りの時期が決まっていると言うことがあります。
一般的に春秋のお彼岸・お盆・毎年の命日・年回忌でお墓参りをするのが一般的。

一般的なお墓参りの日に限らず、様々な人生の節江にご先祖様のお墓に報告にいくのもとてもよいことです。
例をあげると、結婚が決まった・出産をした、など。

まずお墓参りに言った祭は墓地内を綺麗に掃除しましょう。墓石の転けや汚れを洗い落とし、水鉢は清浄な水を供えるための器なので丁寧に洗いましょう。

墓石に刻まれている文字の汚れは歯ブラシなどを使うと細部まで綺麗に洗浄する事が出来るのでおすすめです。
花立ての水を換え、花を供え、お線香を備えましょう。蝋台があれば、蝋燭を立て火をともしましょう。
お供えものは半紙を敷いて備えましょう。

1人ずつ墓石の正面に向かい、自分の宗派と名号を静かに唱えながら合唱し礼拝します。
冥福を祈る気持ちや個人に対しての感謝の気持ち、思っていることを心の中で語りかけるのもいいでしょう。
短いお経を唱えるのもとてもいいことです。跪いて行う方が丁寧にはなりますが、スペースの関係などもありますので立礼でももちろん構いません。

宗派別に供養の仕方もあります。
お線香の挙げ方や妙法の唱え方、合唱の仕方は宗派によって違いがあります。

後始末も大切に。
お墓の清掃ででたゴミなど、きちんと整理するためにビニール袋を持参を、お供え物はカラスなどに荒らされる前に持ち帰りましょう。
お線香は燃やしきって構いませんが、蝋燭は火を消していた方が安全でしょう。
使用した水桶やたわしなどは綺麗に洗って元の位置に戻しましょう。

代理墓参というサービスもあります。
遠隔地にあり、簡単に行くことができない人は永大供養にしておくのも一つの方法です。
また、石材業者が代行してくれたりするケースもあります。お墓の清掃と共に代理のお墓参りを引き受ける業者もありますので調べてみて下さい。
ページのトップへ戻る