和型のお墓とは

真宗
浄土真宗には授戒がないので戒名と言わず、法名といいます。法名の前に男性を釈という字を、女性は尼釈という字をつけます。浄土真宗では院号・道号・位号・位牌もありません。また私語の霊魂をみとめていませんので追善供養や卒塔婆はなく、お盆の習慣も他の宗教に比べて異なった解釈になります。
墓石には南無阿弥陀仏などと彫ることが多く、梵字も殆ど使用しません。

真言宗
戒名の前に「ア」時(大日如来を表す文字)を着けることがあります。
墓石に亜h戒名の上にも梵字の「ア」時をつけます。

浄土宗戒名には特に在俗戒名に「誉」字をつけます。また上時計の時宗では男性に「阿」字を女性には「弌」お着けることがあります。
墓石には戒名の上に梵字のキリークをいれたり、それの変わりに南無阿弥陀仏と入れることも。

禅宗(臨済宗など)
戒名は基本的に天台宗と同じく、特徴を表す特別なものが存在しません。
墓石には丈夫に円相という円が書かれることがあります。時には、南無釈迦牟尼仏と書くことがあります。

日蓮宗
戒名とは言わず、法号といいます。女性には「妙」字をつけるのが特徴です。
墓石には独自にヒゲ文字というもので「妙法蓮華経」と書くことが多く、特にこうした文字を題目と読んでいます、
また竿石に法号や○○家之墓を彫る場合は丈夫に妙法の文字をいれることがあります。

基本の形として仏塔があります。
最も良い方法としては、五輪塔に50年以上前の先祖を祭り位牌墓に50年以内のなくなった故人、近先祖・夫婦の戒名を刻み供養するもの。
ただし、横に並べて立てますので間口が釈必要となります。
また、真宗では五輪塔を立てません。

また、代々墓+五輪塔の形もあります、間口6尺あれば出来ますので上記の方法で出来ない方は次善の策としてよいでしょう。
50年の区別をぜずに弔う方法としてあげられます。こちらも真宗は五輪塔は建てません。
ページのトップへ戻る