キリスト教のお墓

カトリックの場合、協会ごとに墓地を所有していたり、地価に納骨堂を設置しているところがあります。

プロテスタントの場合ですと、日本キリスト教壇の各地区ごとに墓地を所有しており、教団の協会に属していればその墓地を使用することができます。
現在よく見かけれる霊園墓地では欧風のキリスト教式墓地をベースにしたものです。

キリスト教にはお墓に関する決まりが特にありません。
なので、一般的には敷石の上に白い有事かという形などが多いです。

また、墓石に必ず十字架が刻まれますが、形や構造が他の宗教に比べ自由であることが特徴です。
墓石の円面が傾斜しているオルガン式や全面が垂直にあっている平型などがあります。
名前を刻む場合は、洗礼名をいれるのが一般的であり、キリスト教の場合、殆どが単独墓地となります。

石材についてもですが
日本ではあまり大理石は墓石用として使われなかったのですが最近ではキリスト教のお墓にみたてて好んで使われる傾向にあります。
赤御影石や黒御影石もそうですね。

また、キリスト教のお墓も火葬され埋葬されるのが一般的です。基本的に単独墓ですが家族で入ることも可能です。
そしてキリスト経では線香を焚かず、蝋燭を建てるため香炉の変わりに蝋燭建てが設置されているのが特徴として挙げられます。

他にはクリスチャンの共同墓地などがあり、墓地でお困りの方のために

高価な墓石・墓地の負担が要らず墓の心配から解放される
墓の永続的な維持管理から解放阿違法されご遺族・ほ子孫に負担をかけないよう毎年の管理料不要信者でご家族の方の納骨も受け入れてくれる
毎年昇天者記念礼拝が開催されるので故人を偲ぶ時間が与えられる
他の墓地からの改葬も受け入れ可
遺骨のない方の受け入れ、墓地に名前と生没日が刻印される

などのサービスがある共同墓地も存在します。
そこでは海への散骨を希望の方にも相談に乗っていただけるそうです。
ページのトップへ戻る