神道のお墓について

神社では一般的に墓地を所有していません。
神式でお墓を建てる場合は、公営もしくは民営の墓地を購入する必要があります。
お墓の基本的な構成は仏式と同様、墓石、納骨棺(カロート)境界石、玉垣、花立て、霊標などで構成されていますが、神式の場合は焼香を行いません。
なので、香炉を置く必要がありません。
墓石の形は角柱型が基本的に用いられています。
これは棹石が上部たがって細くなっているものです。そして、頭頂部が角兜巾型です。
この形は三種の神器の一つである天叢雲剣を表しています。神道のお墓は神器そのものといえます。
神道では。戒名ではなく霊名を使用します。霊名は姓名の下に~之霊、命、命霊、霊位、大人、刀自などをつけます。
ほかにも比古・郎女・童子・若子などを使います。
これは性別や年齢により違ってきます。

また棹石の正面には○○家奥津城(奥都城、奥城)と刻まれます。
墓石がない場合は墓標に大人(刀自)命之奥津城 という風に記します。
「おくつき」とよまれるこの字には1つ1つきちんと意味があり「都」には生前、神官や氏子総代などの仕事をされていたことを示し、「津」は一般信者のお墓に記されます。

ただし、ご先祖様に神官・氏子総代をされていた方がいる場合には用いてもいいとされています。
「奥」とは奥深いという意味の奥や置くを意味するといわれています。
「城」は古代の胆沢城の城の用例にみるように棚・壁などで四辺を取り込んだ場所をいい、また棺の意味もあるとされており、全体での意味は、「奥深い場所にあり外部から遮られた境域」と解釈します。また、棺を置く場所としての意味もあります。
そして、個人の死亡年月日の下につける文字ですが、仏教式では「寂」などとつける場合がありますが、神道式では「帰霊」とされています。

近年、神葬祭の葬式や神道式のお墓である、奥津城、戒名などをつけないことなどの事が再認識され、日本の伝統的な葬儀礼が注目されています。
ページのトップへ戻る