宗教・宗派にとらわれないお墓について

宗教・宗派にとらわれないお墓を一般的に無宗教といいます。
この場合、霊園の規定に準していれば、基本的に石材の色や形は自由です。
また墓石に自由に言葉を刻む礼も多く見られるようになってきまた。
例を挙げると、個人の名前や、眠・憩・夢・愛・やすらぎ・和など抽象的な意味合いの文字のものも増えてきました。

また、最近では女性や若くして亡くなった方やお子様にガラス製のアートガラスで作るオーダーメイドのお墓などもあります。
一般的な墓石に比べると値段は高くなりますが、こういったタイプを選ぶ方も増えてきているようです。

また、お墓を建てず庭園葬墓地というものも存在し、こちらは家族で入れるものから一人一人別にするなどのプランも用意されています。
こちらの例は、植樹をしてお墓の代わりに。というものです。
大理石のプレートなどにご自身でお好きな言葉を入れたり、文字、模様を自由に入れるようになります。
納骨される場合は土の中で土に還る骨箱に収骨され静かに自然に還っていきます。
そして、その上に植樹された草木に生まれ変わるとされています。

宗教・宗派にとらわれずデザインなどで選ぶお墓も昔に比べ、沢山の種類や業者が増えてきています。
先ほど例をあげた植樹をするのもその一例です。

また、散骨も宗教や宗派にとらわれずに、といった点で活用する人が増えています。
お墓にも納骨はするけど、散骨もしたい。などといった方なども多くおられ、遺骨を粉砕して海へ還す海洋散骨なども存在します。
船から散骨するパターンや、ヘリコプターで空から散骨など色々選べるようになっています。

こういった、宗教・宗派にとらわれないお墓を選ぶ人は大抵、墓石ではなく自然に還りたい、
気に入った霊園が見つからない、お墓に関する問題や負担を子孫にかけたくないなど様々な理由で選ぶようです。
ご自身でお墓を維持できないからこその選択だと思います。
宗教や宗派にこだわりのない方はこういったものも多数存在するので検討してみてはいかがでしょうか。
ページのトップへ戻る