お墓を建てないと罰せられるのか

親族のだれかが亡くなった場合は身内が、通夜と告別式を済ませて四十九日になるとお墓に納骨をするのが一般的ですね。
しかしお墓というのは安いものでも数十万円しますし、さらにお墓を建てるスペースも必要ですし費用もかかります。

どんなお墓をどこに建てるかは、人によってちがいます。
経済的な理由で、すぐにお墓を建てることができない場合もあります。
この場合でも、お墓を建てないと罰せられたりすることがあるのでしょうか?

結論から言えば、お墓を建てないからといって法律で罰せられるようなことはありません。
一応世間一般の常識として、お骨はお墓に納めるというのが当たり前になっているだけなのです。

法律に関してもう少し詳しく言うなら、死後の火葬を済ませていればお骨の保管場所は自宅でも可能です。
いつまでも自宅にお骨を置いていると、成仏できないなどと言われることもあります。

しかし故人に対する思い入れが強い人は、なかなか納骨できずに自宅にお骨を保管することもあります。
この場合お墓があってもなくても、自宅にお骨を保管するのは法律上問題ありません。

ある程度の年齢になると、自分が死んだあとのことも考えるようになりますので、お墓がない家の場合はお墓の準備をします。
しかし不慮の事故や病気で、突然死んでしまった場合、なんの準備もしていないのでお墓が間に合わないこともあります。
いずれお金をためてお墓を建てるつもりの人もいれば、経済的な事情でお墓を立てる余裕のない人もいます。

お墓を建てないからと言って、罰せられることはありません。
この場合は今すぐは無理でも、経済的な余裕が出来てからお墓を建てることもできます。

故人に対する考え方や、死後についての考え方も人それぞれですね。

お骨を加工して常に身近に置いておきたいと考える人もいます。
この場合もお骨を加工すると罰せられるということはないので、安心です。

お骨を自宅に置くのはよくないと考える人もいますが、法律で禁止されているわけではないので火葬さえ済ませておけばあとは各自で決めることができます。
ページのトップへ戻る