お墓には戒名を入れる必要

お墓参りに行くと、名前とは別に戒名が刻まれています。
この戒名というのはなぜ必要になるのでしょうか?

まず戒名をお墓に入れるのは、仏教だけです。
日本では仏教が一般的になっていますが、信仰の自由があるのですべての人が仏教というわけではありません。
特に信仰心はないけど、家が代々仏教なので自然とお葬式も仏教のスタイルになるということも多くなります。
ですからキリスト教の人やそのほかの宗教、無宗教の人の場合はお墓に戒名を入れることはありません。

しかしこれは少し前の風習であり、最近は家が仏教であっても特に戒名にこだわらない人も増えてきています。
戒名を付ける場合は一人につき一つの戒名をつけます。
お墓に戒名を入れる場合、人数が多い場合は「○○家」というように戒名ではなく、家のお墓として建てられます。
お墓参りに行くとよく見かけるので、お墓を見れば○○家の人のお墓だということがすぐにわかります。
しかし家のお墓になってしまうと、一人一人に対する供養ができないという考え方もあります。
昔は今よりも住宅や建物が少なかったので、お墓も広々としていました。

しかし最近はお墓のスペースを確保するのも大変です。
一人に一つの戒名とお墓というのも、スペース的に難しくなってきているので、最近は戒名墓よりも、家のお墓の方が増えてきています。
丁寧に供養をしたいと考える人の場合は、○○家ではなく、「○○家の墓」というように墓の文字を入れることで戒名を入れなくても故人を供養するという気持ちを表すことができます。

お墓のデザインも今は色々なデザインがあるので、スペースに合わせて形も変えることができるようになってきています。
時代が変わることで環境なども変わってくるので、必然的にお墓も変化せざるを得ないのかもしれません。

仏教の人でも今は特に戒名にこだわらなくなってきていますので、家の人と相談して決めていけばいいですね。
もちろん信仰心が強い人や、丁寧に供養をしたいと考えるなら戒名入りのお墓を建てることもできます。
ページのトップへ戻る