お墓を建てる時の費用

お墓を建てることになったとき、気になるのはその費用ですね。
一般的にはお墓=高いものというイメージもあります。

お墓を建てるというのは、人生の中でそう何度も経験することではありません。
必要性が出たとしてもほとんどの人が何から始めればいいか迷ってしまいます。
イメージとしては墓石を買えばそれで全て済むように思えますが、実際にはまだまだ必要なものが出てきます。

お墓を建てる時の費用で必要なものは、ひとつだけではありません。

・墓石
・墓地(土地の永代使用料)
・管理費
・墓石の加工料と施工費
・墓碑や戒名の彫刻代
・耐震加工などの有無

大まかですがこれだけの費用がかかることになります。
霊園で必要なものを全て一式セットで購入することもできますが、セット内容は霊園によっても違いますのでこれが全て込みになっているとは限りません。

墓石も石の種類や硬さ、色、産地によって全く値段が変わって来ます。
墓石だけを見ても、数百万円するものもあれば、数万円というものもあるのでまさにピンキリです。

何もないところに一からお墓を建てるのと、あらかじめ墓石や区画など整理されているところでも、お墓を建てるまでにかかる総費用は変わって来ます。
施工費なども下請けなのか、自社なのかによって変わって来ます。

お墓は1回建てればそのままというわけにも行きません。
メンテナンス等も必要になってきますし、当然その分費用はかさみます。

最近お墓は、自分の好きなデザインにすることもできるので、この場合はオーダーメイドになるので費用も高くなります。
お買い得で安い墓石を見つけても、デザインに懲りたい場合は完成までに時間もかかりなすし費用も多くなってしまいます。

またお墓を建てる時の費用は、地域によっても多少の違いがあります。
全国平均を見てみると、墓石だけの価格は関東よりも関西の方が少し安めです。
全国的な平均を見ても土地が高いところは、どうしてもお墓を建てる時の費用も高くなってしまう傾向があります。
ページのトップへ戻る