お墓と税金の関係

家庭環境や人数などによっていろいろありますが、中には先祖代々続く家というのもあります。

家を相続するにあたり、相続税など税金に関することも考えておかなくてはいけません。
先祖代々続くような家の場合は、家や土地以外にもお墓も受け継いでいくことになりますね。

この場合どこまで税金がかかるのでしょうか?
お墓を購入する場合は墓石だけでなくスペースも必要になるので、そのスペースも購入することになります。
通常は土地を相続した場合には、相続税、不動産取得税、固定資産税など税金がかかります。
代々受け継がれる名家ともなれば、お墓も立派になるのでスペースも広い場合がありますね。

お墓の場合はどんなにお金がかかっていても、広いスペースを保有していても非課税対象となるので税金はかかりません。
しかしお墓に関するすべてが非課税対象にはならないので、ここはちょっとややこしいところもあります。
墓石、仏壇、位牌、などこれは全て非課税です。

お墓を購入する場合には、土地の使用料として永久使用権というのを購入しますね。
しかしこれは土地を購入するのではなく、お墓を置くスペースを使用する権利だけを購入することになるので、取得権はありませんので永久使用権も非課税です。
お墓を相続する分には非課税ですが、新しくお墓を建てるばあい墓石の購入やそれに関する工事や施工費用には消費税がかかります。

ではお墓の土地を貸している人、つまり土地の所得権を持っている場合はどうなるのでしょうか?
この場合も税金はかかりません。
新しくお墓を建てる場合には、墓石の購入や工事費などに消費税がかかりますが、相続に関しては税金はかかりません。

お墓の権利に関してですが、誰かに譲渡する場合断りなく勝手に譲渡はできません。
正式に許可を受けて譲渡した場合には、譲渡は可能ですがこの場合も譲渡に関する所得税はかかりません。
ちょっとややこしいところもありますが、基本的にはお墓の相続に関しては税金はかかりません。
ページのトップへ戻る