子孫がいない時のお墓問題

お墓というのは、先祖代々その家に受け継がれていくものです。
親が亡くなったあとは、子供が墓を受け継ぎ守っていきます。
その子も自分の子供が同じようにして受け継ぐ、というのが当たり前になっています。

しかし少子化問題などもあって、お墓はあるけど子供がいないという家庭も少なくありません。
子供がいれば自分の死後もお墓を受け継いでもらえますが、子供がいない場合はどうなってしまうのでしょうか?

悲しい事にお墓を受け継ぐ人がいなければ、無縁墓になってしまうことになります。
というのもお墓を持っていても、お墓には管理費用などもかかるからです。

お寺の檀家となっている場合は、お寺にお墓の管理をしてもらう代わりに檀家料を支払っているので継続できますが、それを支払う人がいなければどうしても無縁墓となってしまうのです。
この場合は自分が最後の子孫である場合に、生前に墓じまいをするという方法もあります。

あまり嬉しいことではありませんが、死んでしまってからでは誰も代わりに行ってもらえないので生前に墓じまいをする方がいいと考える人もいます。
墓じまいの場合は、どこにお墓があるかによっても処分の仕方が変わってきます。
霊園等の場合は必要書類を用意し、それに記入して提出すれば手続きはそれほど難しくありません。

しかしお寺の場合は、墓じまい=管理料がもらえなくなる、ということなので簡単に手続きをしてもらえない場合もあります。
永代供養といっても、子孫がいない場合は費用を払う人もいなくなるので実質は不可能です。
墓じまいをするのが先祖への裏切り行為に当たるとか、先祖に対して失礼だとかお寺側もあの手この手でなんとか管理料を取ろうとする場合もありますので、しっかりと意思を伝えることも大切です。

墓石を撤去して処分し更地にした後は、お墓の中に入っているお骨は自宅に持ち帰ることになりますが、これは違法ではありません。

墓じまいにも費用はかかりますが、子孫がいない時のお墓問題を考えるとこの方法が一番と考える人も多くなっています。
ページのトップへ戻る