省スペース型公営墓地とは

お墓が必要になった場合には、墓石の他にお墓を建てるスペースやそれを囲う柵なども必要になってきます。
この他に工事費などお墓を建てるのは、意外とお金がかかってしまいます。
さらに土地も限られているので、最近はお墓を探すのも一苦労するというケースが増えてきています。

そこで注目されているのが、省スペース型公営墓地です。
公営墓地ということもあって、民営の墓地と比べると管理費や永代使用料も比較的安く済むので多くの人が利用したいと考えています。

宗教や宗派なども一切関係ないので、墓石のデザインや素材なども自由に決めることができます。
公営墓地の場合は、全国の都道府県の各自治体が管理しているので、規則などは各公営墓地で多少の違いはあります。

しかし公営墓地にもやはりスペースの限界があるため、最近では省スペース型公営墓地という新しい形の墓地も登場しています。
省スペース型公営墓地という名前からも想像できるように、従来のお墓のようにスペースを取らずに済むタイプのお墓です。
もっとわかりやすく例えるなら、ある程度広さのあるスペースを納骨堂として使用するのです。

墓石はありませんがロッカーのように一つ一つのお骨を保管できるので、同じスペースに従来のスタイルのお墓を建てるよりもスペースの節約になります。
新しいスタイルのお墓なので、違和感を持つ人も多いのですが、スペースだけでなく費用の面もかなり節約できます。

納骨の時には中に入る事が許されますが、それ以降のお墓参りは納骨堂の参拝場などで行う形になります。
直接お骨のあるところには入れませんので、お墓参りのスタイルも少し変わってしまいます。

以前からこのスタイルのお墓は存在していましたが、子孫のいない人などが利用していました。
最近はお墓のスペースが不足してきていることから、一般にも省スペース型公営墓地して受け入れを開始しているところも増えてきています。

宗教など重視する人には向いていませんが、スペースだけでなく費用面も節約できる特徴から注目されている新しいスタイルのお墓です。
ページのトップへ戻る