生前のうちに墓を建てる方法

お墓というのは一般的には死んだあとに建てるものというイメージがあります。

生前のうちに墓を建てる方法というものもあります。
生前墓等ともよばれていますが、イメージとしてはまだ生きているのにお墓を建てるなんて縁起が悪いと思われがちです。

仏教の考え方では、生前のうちに墓を建てることをとても縁起のいいことと考えられているので、生前にお墓を建てる人もいます。
これはあくまでも仏教の教えでの考え方なので、一般的な考え方ではありません。

中には宗教に関係なく、自分が死んだあとに家族に迷惑や負担をかけたくないという理由で、生前のうちに墓を建てることを考える人もいます。
どこにお墓を建てるかによっても、少し条件が変わってきます。
例えばお寺の場合は多少の融通はきくので、生前にお墓を建てておきたいと申し出れば不可能ではありません。

お墓を建てるためには、墓石の他に永代使用権なども必要になるので費用はかかります。
お墓の中に誰もいなくても管理費などはかかるので、ここは仕方ありませんね。

公営墓地や霊園を選ぶ場合には、遺骨がないとお墓を建てられないことがあります。
公営墓地の場合は応募資格に、遺骨があることが条件になることも多いので、場所によっては生前のうちに墓を建てることができないこともあるので事前によく確認しておきましょう。

生前にお墓を建てておくことで、税金対策にもなりますし、お墓を立てた人が亡くなった場合にお墓を相続する子供や家族には相続性がかかりません。
生前であっても死後であっても、お墓に関するものを購入する場合には消費税はかかります。
建てたあとは、管理費以外の費用には税金がかからないので、税金対策として生前にお墓を建てようと考える人もいます。

生前にお墓を建てる場合は、自分の好きなデザインにできるというメリットもあります。

場所によっては無理な場合もありますが、生前のうちに墓を建てることは可能です。
ページのトップへ戻る