お墓を建てる理由

人が亡くなるとお墓を建てそこに遺骨を収めます。
しかしなぜお墓を建てる必要があるのでしょうか?

法律的には、火葬をしておけばお墓を立てないからといって罰せられることはありません。
極端な言い方をすれば、お墓を建てる必要はないのです。

しかし、死んだらお墓に入るというのが世間一般の常識になっていますね。
これは亡くなった人を供養したり、先祖を敬うという意味が込められているからです。

お墓参りに行くと亡くなった人を思い出し話しかけたり、その人との思い出が蘇ってくることがあります。
人生の節目にお墓参りも兼ねて、嬉しいことを報告をすることもありますね。

お墓というのはこういう場所になっているのです。
しかしこれはあくまでも世間一般の常識なので、経済的な理由でお墓を建てられない人もいます。

この場合は自宅にお骨を保管しておいても、法律上は問題ありません。
宗教的な考え方の中には、自宅に遺骨を置いたままでは故人が成仏できないと考えることもありますが、これは迷信であって考え方の違いに過ぎません。

お墓を建てたいと思っていても、実際には建てられない人も大勢います。
その理由として土地の確保ができないというのもありますね。

特に最近はスペースが不足しているので、希望通りにお墓を建てられないという人も増えています。
お墓を建てたからといって、一度も墓参りに行かない人もいますね。

事情はいろいろですが、必ずしも建てなければいけないわけではありませんし、建てても放置されているのは他人のことでもなんとなく悲しくなってしまいます。
要は気持ちの問題という部分もあります。

お墓がなくて自宅で遺骨を保管していても、故人を思い敬う気持ちがあれば罰当たりとはいえないのです。

宗教的な理由でお墓を建てるというのもありますね。
宗教が違えばお墓の形も変わって来ます。

墓石の形ではなく、大切なのは故人を偲び敬うことですね。
お墓が必要になった場合は、お墓を建てる理由なども考えてみましょう。
ページのトップへ戻る