再婚妻はどのお墓に入れるべきか

家族であれば同じお墓に入るというイメージがあります。
しかし血縁ではない家族もいますね。

例えば再婚妻や内縁の妻と呼ばれる人の場合です。
再婚妻や内縁妻の場合、離婚した妻が生きているとは限りません。

先に亡くなっている場合は、正妻だった人が既にその家のお墓に入っていることがあります。
法律的には、正妻と再婚妻や内縁の妻が同じお墓に入る事は可能です。

しかしこれは、あまりいいイメージではありません。
この場合前の夫のお墓に入るということも可能です。
もちろん抵抗がなく反対する人がいなければ、現在の夫のお墓に正妻と一緒に入る事もできます。

ここで一つ注意したいことがあります。
お墓に入る場合は、永代使用権を持っている人の許可が必要になります。
前の夫もしくは現在の夫が永代使用権を持っていて、許可すればどちらのお墓にも入れます。

もしも現在の夫の子供が永代使用権を持っている場合、その子供の許可がなければ本人が望んでいたとしてもそのお墓に入ることはできません。
この場合同じお墓には入れませんので、新たにお墓を建てることになります。

お墓の周りには外柵というのがあって、隣のお墓との境界線の役目をしています。
外柵内にスペースがある場合は、その隣に新しくお墓を建てることもあります。

しかし霊園などでは、一つのお墓に複数の墓石を建てることを認めていない場合もあるので確認が必要です。
この逆に夫が先に亡くなった場合ですが、本人の希望にもよりますが、正妻と同じお墓に入って欲しくないと思うこともありますね。
この場合は夫婦のお墓として新しくお墓を建てるか、正妻と再婚妻のお墓に分骨するということもできます。

いろんなケースがありますが、基本的には永代使用権を持っている人の許可があれば同じお墓に入ることは可能です。
自分が死んだあとのことというのは、なかなか考えることがないと思いますが、生きているあいだに自分が死んだあとにどのお墓に入るかということを話し合ってみましょう。

ページのトップへ戻る