自宅にお墓を建てるのは×?

結論から言えば×です。

一般的にはそれぞれの家にはお墓がありますね。
お墓を立てるにはそれなりの費用もかかりますし、管理費などもかかります。

経済的な事情でお墓を建てられない家もあります。
この場合は自宅で遺骨を保管することもありますが、これに関しては法律上何の問題もありません。

お墓は必ず作らなければいけない、という法律はありません。
亡くなった家族に対しての愛情が深いほど、お墓に入れずにいつまでも一緒にいたいと願うこともあるので実際に自宅に遺骨を保管している人もいます。
きちんと供養しないと成仏できない、という考えもありますがこれも関係ないと言われています。

しかしけじめとしてそろそろお墓を建てようと思うとき、出来るだけ近くにいてほしいので、自宅の庭にお墓を建てられないものか?と思うこともあります。
埋葬に関しては、墓地以外に遺骨を埋葬することは法律で禁止されています。
墓埋法という法律があるのでたとえ自宅と庭の土地が自分のものであっても、これは認められません。

例えば夫婦のどちらかが先に亡くなり、しばらくの間自宅に遺骨を保管します。
もう一人が亡くなった時に一緒にお墓に納骨するということは可能です。

保管と埋葬では大きく条件も変わってくるということですね。
極端な言い方をすれば、お墓を建てずにずっと自宅で遺骨を保管することもできます。

しかし、遺骨の保管方法にも適した環境というのがあります。
湿気で遺骨にカビが生えることもありますし、臭いの原因になることもあると言います。

どうしても身近に置いておきたい場合は、遺骨の一部を加工してプレートにしたり、ペンダントなどに入れて身につけておくこともできます。
残りはお墓に入れるか、お墓がない場合は納骨堂に入れることになりますが、常に遺骨の一部をそばに置いておけますので身近に感じることができます。

自宅の庭にお墓を建てることはできませんが、ほかの方法で近くに置いておくことは可能です。

ページのトップへ戻る