卒塔婆の意味について

卒塔婆は古代インド語のストゥーバ(遺骨を納める塔)が語源となっている、五輪塔を略したものです。

お墓参りに行くと、文字が書かれた木の板がありますね。
これが塔婆板です。

塔婆板をよく見ると、まっすぐの板ではなく五輪塔の名残のような形をしているのがわかります。
これも五輪塔をイメージさせるための工夫です。

ストゥーパを建築物として表すのが五輪塔で、板状にして表すのが卒塔婆なのです。
一見するとその違いはよくわかりませんが、卒塔婆には宗派によって違いもあります。

お墓を建てたお寺で塔婆を作るので、間違った塔婆を立てるということはありませんが、宗派によっては卒塔婆を使わない場合もあります。
以前は手書きで文字を書いていましたが、今は塔婆専用のプリンターなどもあります。

お寺によっては1枚1枚手書きをしているところもありますが、法要の多い時期にもなると塔婆の必要数も増えてくるのでプリンターを使うほうが効率がいい場合もあるようです。
年賀状や写真を印刷するような一般的なプリンターとは違い、専用のプリンターが必要になります。
塔婆に直接印刷できるので、必要本数が多いお寺の多くが専用のプリンターを使っています。

卒塔婆は仏教に帰依した人のためのものです。
帰依というのは、その宗教や神仏を信じて心の支えにするということです。

故人が熱心に仏教に帰依していた場合は、塔婆を立てるのが一般的ですが、帰依していなかったとしてもその家が仏教なら塔婆を立てるのが普通になっています。
お寺の違い(宗派の違い)によって多少の違いはありますが、法事や法要では先祖用と故人用の2本の塔婆を立てます。

1本あたりは約1,000円程度なので、それほど大きな負担にはなりません。
ただし浄土真宗の場合は、塔婆を使うという習慣がありませんので、法事の場合も塔婆はありません。

古くなった塔婆は、塔婆や献花と一緒に専用のスペースに処分し、まとめて処分します。
各お寺に処分するスペースがあるので、そこに持っていき処分します。
ページのトップへ戻る