墓地の種類について

お墓を立てる場合は墓地に建てるというのが、法律で定められています。
実際には墓地にもいくつかの種類があります。
墓埋法ができる前からある、村落墓地や個人墓地という共有墓地や私有地に作られた墓地があります。
現在は新たにここにお墓を建てることは、法律上認められていないので不可能ですが、昔のままの形で存在しているものもあります。


現在の墓地は大きく分けて3種類になります。

・寺院墓地
・公営墓地
・民営墓地

寺院墓地は、その名の通りお寺の敷地内にある墓地です。
家の近くのお寺に墓地があれば、お墓参りもすぐに行けますし、永代供養が可能ですが、宗派によっては受け付けないところもありますので注意が必要です。
さらに、寺院墓地に入るには檀家になる必要がありますし、管理費や寄付なども必要になります。

公営墓地は、各都道府県の自治体が運営する墓地のことです。
宗派などの制限がなく、管理費などの安いということから多くの人が利用を希望しますが、応募も殺到するので申し込みをしても100%利用できるとは限りません。
何年も応募を続けて、やっと利用出来るという人もいます。
利用にはかなり厳しく細かい条件が設定されていて、それを満たしていない場合は申し込みもできません。
条件があるので、誰でも利用できる墓地ではありません。

民営墓地は法人が運営している墓地です。
比較的自由なので、厳しい制限などもありませんし、宗派に関係なく利用可能です。
墓石のデザインも自由に選べるので、個性を尊重したお墓を建てたい人に人気があります。
スペースさえ空いていれば、申し込みをすれば大抵の場合は利用可能です。

このように墓地といっても種類がありますので、住んでいる地域や予算、宗派などによっても条件は変わって来ます。
しかし絶対にお墓を建てなければいけないという法律はありませんし、
すぐにお墓を建てなくても罰せられることはありませんので、じっくりと吟味して自分の家に合う墓地を決めることができます。
ページのトップへ戻る