香典の相場について

通夜、告別式、法事や法要に参列する場合は、香典を持参します。

香典にも相場というのがあります。
故人との関係によっても、香典の金額は変わって来ますので、大体の相場を覚えておくといざという時に役に立ちます。

本来香典というのは気持ちなので、いくらでなければいけないと金額が決まっているわけではありません。
また香典の相場も、地域によって多少の違いがあります。

香典を渡す場合、あまりにも相場とかけ離れている金額では、相手に対して失礼にあたることもあれば、かえって気を使わせてしまうこともあるので一応相場は心得ておきたいですね。
ここでは一般的な香典の相場を紹介します。

・親、10万円前後
・兄弟や姉妹、4万円前後
・祖父母、1万円~3万円前後
・叔父や叔母、1万円~2万円前後
・これ以外の親族、1万円~10万円

身内の場合は、香典の相場も少し高めになります。

ほかには職場関係の香典もありますね。

・上司、5,000円
・部下、1万円
・同僚、5,000円
・上司、部下、同僚の家族、4,000円

あとは親しい友人やご近所さんの場合です。

・友人、5,000円~1万円
・ご近所さん、3,000円~5,000円

ご近所さんの場合は、あまり付き合いがない場合は通夜や告別式に参列しない場合もありますし、とても親しくしていた場合には、もう少し多めに包む場合もあります。

香典を渡すと必ず香典返しをします。
通夜や告別式の場合は、香典返しとしてお茶や海苔を配りますが、この金額も考えて香典を包むのもマナーとなっています。
お茶や海苔の場合、一般的には2,000円~3,000円くらいなので香典がこれ以下では失礼に当たる場合もあるので3,000円くらい包んでおけばいいでしょう。

亡くなってからだいぶ時間が経過している場合には、香典ももう少し安く済ませることもあります。
その人の年齢などによっては、相場より多く包む場合もあります。
あくまでも一般的な相場ですので、地域の風習などがある場合はそちらを優先することもあります。
ページのトップへ戻る