お通夜に向かうときの服装

通夜に行くことになったとき、どんな服装をしていけばいいかについてです。
通夜の知らせというのは訃報ですので、いつ来るかなんて誰にも予想できません。

通夜にも仮通夜と本通夜があります。
仮通夜の場合は、訃報を聞いて取り急ぎ駆けつけるものなので、喪服である必要はありません。
しかしおめでたい席ではないので、派手な色や柄もの、アクセサリーなどは外しておきましょう。
喪服でなくても構いませんが、一応地味な色(黒、紺、グレーなど)を選びます。会社員なら、スーツのまま通夜に向かっても問題ありません。
女性の場合はスーツの色にもよりますが、出来るだけ地味な色を選び、アクセサリーやお化粧も控え目が望ましいですね。
結婚指輪以外のアクセサリーも、その時だけでいいので外しておきましょう。

本通夜の場合は、仮通夜よりも時間が経っているので喪服でも構いません。
ただし遠方から駆けつける場合は、平服の方がいい場合もあります。
この場合も出来るだけ地味な色の服装が望ましいですね。
派手なものは可能な限り避け、アクセサリーなども外しておきましょう。

女性の場合は靴やバッグにも注意が必要です。
急遽駆けつけるのですから、ある程度の限界もありますが、色は黒でもビーズなどの飾りのついた豪華なバッグや靴はあまりオススメできません。
時間があれば一旦帰宅して、着替えてから通夜に向かうようにしたいですね。

訃報を受けても、故人との付き合いがそれほど深くない場合は、通夜には参列せずに告別式だけに参列するほうがいい場合もあります。
親しい付き合いをしていた場合は、出来るだけ駆けつけましょう。
しかし訃報を聞いたときに海外にいるような場合は、すぐに駆けつけることはできませんので通夜だけでなく告別式にも参列できないこともあります。
この場合は電報を送り、後日お線香をあげに行けば問題ないでしょう。
一応この時には事情も説明しておくといいですね。

遺族の場合ですが、遺族や喪主であっても通夜は地味ならば平服でも問題ありません。
ページのトップへ戻る