葬儀後に行うこと

事情があって葬儀に参列できなかった場合は、直接遺族のお宅へ伺うか、郵送でお悔やみを伝えます。

◆遺族のお宅へ直接伺う場合

・必ず事前に連絡し、お伺いしても良いか確認します。
先方が忙しそうだったり、気持ちに余裕がない様子であれば、日を置きましょう。

・服装は地味な平服を着用します。
女性はアクセサリーなどは外しましょう。
通夜や葬儀と違い、黒い格好は避けたほうが無難です。

・香典の表書きは、四十九日法要の前は「御霊前」
四十九日法要の後は「御仏前」としましょう。
気をつけなければならないのは、必ずしも亡くなってから49日に表書きを変えるのではなく、
49日経っていなくても四十九日法要が終わっているかどうかで表書きを変えるということです。

・手土産を持って行くときは、仏前にお供えする菓子折りや果物、花などが一般的です。
のしは結び切りのものを使用し、表書きは「お供え」としましょう。

・お悔やみを述べてからお家に上がり、お線香を手向け、遺族へ香典や供物、花などをお渡しします。
あまり長居をしないようにするのが礼儀です。


◆郵送でのお悔やみ
できれば弔問するのが礼儀ですが、事情により都合が
つかない場合は、郵送でお悔やみの気持ちを伝えましょう。

・香典を郵送するときは現金書留で郵送します。その際にお悔やみの手紙を同封しましょう。

・お供えするお花を郵送するときも、お悔やみの手紙を添えましょう。
金額は、基本的に香典額と同じような価格にします。

・年賀欠礼で知った場合は、すみやかに封書でお悔やみの手紙を出します。
不幸があったことを知らずにいたことをお詫びし、
都合がつくようであれば近々ご挨拶に伺いたいという旨を伝えましょう。

お葬式が終わっても、ご遺族側はやることも多く、さぞかし疲労もたまっていることと思います。
決して焦って突然訪問したりせず、大切な人を亡くされて
心をいためているであろうご遺族を気遣う心を忘れないようにしましょう。
ページのトップへ戻る